• 代表メッセージ 仕事が楽しいと、人生が楽しい。

1978年愛知県生まれ。2001年立命館大学卒業後、24歳でグローバルエージェンシーを創業。その後、創業した会社を一旦離れ株式会社リクルートに入社。マーケット開発部にて通期目標連続達成、46期全社MVPノミネート、年間新規契約社数部門TOPを成し遂げる。2006年よりインターネットサービス企業の創業メンバーとしてソーシャルメディアの立ち上げ、商品設計、採用業務を担当。ミッションが一区切りしたタイミングで退社し、株式会社グローバルステージ(GSgroup)に参画。2013年4月に関連会社として株式会社Sales and Innovation Japanを設立し、現職。営業支援実績は100社を超える。

未来は自分の手でつくってしまえばいい

CEO1

Sales and Innovation Japanは、営業力とビジネス構想力で、様々な企業の事業拡大、売上拡大をお手伝いしている会社です。国内企業が取り組む新しいECサイトの立ち上げをお手伝いしたり、海外企業の日本国内におけるセールステストマーケティングを実施したりと、大小国籍問わず、様々な企業の事業拡大のお手伝いを行っています。

今でこそ、営業をアウトソーシングしようと考える企業は世の中にたくさん存在していますが、私が初めて営業支援ビジネスを立ち上げた2003年頃というのは、まだ営業をアウトソーシングするという概念はない時代でした。本当に手探りで商品設計をし、時にお客様から貴重なアドバイスやフィードバックをいただきながら少しずつ前に進むしかありませんでした。「営業は本業だから外注するなんて考えられないよ」と先輩経営者に言われたこともあります。しかし、そんな状況でも必死で事業に取り組んだ結果、営業代行市場は順調に拡大し、現在ではサービス品質においても一定の評価をいただくことができるようになりました。

私はこの経験を通して、忍耐強く事業に取り組むことの重要性と、市場をゼロから創り出すことの面白さに気づきました。

今、日本国内においてグローバルに営業支援や営業代行をしていこうと動いている企業は、まだほとんどありません。だからこそ、その領域にチャレンジする価値があると思っているのですが、これは日本国内だけで営業支援をするよりも遥かに難易度が高い。でも、10年前に今の市場を想像できたかというとできていなかったですし、だったら、自ら果敢に挑戦して自らの手で10年後の未来をつくってしまえばいい。諦めず、忍耐強く取り組んで、必ず市場を見つけ出す。そんな風に考えて、今、どうやったらその未来への道に風穴を開けられるだろうかと、日々奮闘しています(笑)

日本には底力がある

CEO2

少子高齢化による日本の労働人口減少に伴い、日本経済の競争力や成長力は年々弱まっているといわれています。実際、日本における過去10年間の実質GDPの成長率は1~2%前後であり、経済大国2位となった中国や急激に成長している東南アジア諸国に比べると、成長が鈍化しているのは否めません。

しかし、日本の製品やサービスそのものは、世界に誇れるものだと考えています。メーカーにおける「ものづくり」を例にとっても、品質には一切の妥協がありませんし、サービスにおける「おもてなし」の心は、海外に行ったことのある人なら、それがいかに素晴らしいものであるかご理解いただけると思います。食においても、ミシュランガイドにおける三ツ星の数は東京が世界で最も多く、トータルの星の数においても首位フランスに並ぶなど、非常に高い評価を得ています。

また、海外企業の視点で日本を見た場合、成長率が鈍化した日本は魅力的な市場ではなくなったと思われているかもしれませんが、それでも2.9兆ドルを超える巨大な個人消費マーケットがある魅力的な市場です。更に、日本市場は製品やサービスに対する要求が高いため、日本でテストマーケティングして受け入れられた製品やサービスであれば、世界で通用する品質であると言っても過言ではありません。日本国内だけで全てがまかなえる時代ではないのは事実ですが、日本にはまだまだこうした魅力や底力がある。私たちは日本と世界を繋ぐ架け橋になることで日本を更なる高みへ動かすエンジンになっていきたいと考えています。

とことんやるから仕事は面白い

CEO3

人生、いつ、どこでチャンスをつかめるか分かりません。一見、困難と思えるプロジェクトでも絶対にやり切るという気持ちで臨み、必ず結果を出すということが、次のチャンスをつかむ「きっかけ」になるのだと思います。努力する姿は必ず誰かが見てくれているものです。

誰よりも早くチャンスに気づき、つかみ、つかんだチャンスを徹底的に活かすことがビジネスの世界で生き残っていく上では必要なことではないでしょうか。どんな仕事でもとことんやったら面白くなります。中途半端にやるからつまらなくなる。弊社はモノを作っているメーカーでもないですし、何かを仕入れて販売しているわけでもありません。あくまでも自分自身が商品であり、自分の成長がなければ、クライアントへの貢献もあり得ません。だからこそ、自分の成長のためにも徹底的に仕事と向き合うことになるのです。

心から仕事を楽しめる環境を自らつくることで、人生はもっと豊かになる。弊社での仕事を通じて、そうした感覚を、より多くの人に感じて欲しいと思っています。